サブコン向け求人サイトランキング

サブコン業界への転職をお考えなら

サブコンの転職まとめサイトへようこそ!以前は専属的にゼネコンからサブコンへと委託されていましたが、受注競争の激化により現在はより自由な契約体系へと変化していっています。 そのため、サブコン業界では慢性的に人材不足の状況があり、転職には有利な売り手市場となっています。転職の際はJACリクルートメントのような大手の転職サイトを活用して、効率よく転職を成功させましょう。

サブコンの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
JACリクルートメント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
管理職や専門職などのハイクラスな人材のための転職エージェントで、会員制の転職サイトの中では国内最大級の規模を誇ります。公開求人だけでも3万件以上の案件を抱えていますし、多くのヘッドハンターが登録しています。年収600万円以上の案件も多数揃っていますから、自分の能力に見合う求人もきっと見つかるはずです。海外事業のサブコンの募集も多く、ワールドワイドに活躍したいと思っている人におすすめです。


リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
転職業界でも屈指の大手のリクルートエージェントは、各業界との太いネットワークを持っているのが特徴です。サブコン業界でもその特徴は見られ、他の転職エージェントでは見られない希少な案件を取り扱っている可能性もあります。キャリアコンサルタントは、サブコンの専門知識を持っている人も多数在籍しています。業界の現状に見合った、適切な転職のアドバイスをしてくれるのが魅力です。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
国内でも最大規模の転職エージェントであるマイナビエージェントは、常時4万件以上の転職情報を抱えています。しかも日本全国に支店を用意しているため、どの地方在住の方でも自分の希望に合うサブコンの求人情報を紹介してもらうことができます。支店同士はネットワークが整備されているため、IターンやUターンのような遠方での転職もしっかりサポートしています。実に65%もの人が年収アップに成功したというデータもあり、待遇改善を希望する人の心強い味方です。


サブコン業界の転職事情は?

ビルの建設コストは急上昇しているといわれています。その原因としてひとつ目に建築資材の高騰があります。そしてもう一つ無視できない要因として、人件費の高騰がビル費用の押し上げに大きく貢献しているといいます。特に復興事業や景気の上昇傾向などが相まって、建築ラッシュが日本各地で進められます。そして老朽化した道路やビルも日本全国に増えていて、こちらの補修や建て替えも必要になりました。さらには新たな交通手段として、リニアモーターカーも今後本格的に建設が進められるとみられています。しかも都市開発も近頃では活発になっていていろいろな建物や施設を作る必要があり、サブコンを含めた建設業界ではとにかく人材の確保が優先課題になっているわけです。このためサブコンの求人情報は、多い状態で推移しています。

通常転職というと、若い人の方が有利で年齢が上になればなるほど転職が難しくなるといわれます。しかしサブコンの採用動向を見てみると、決して若い世代の採用に偏っていないことがわかります。不足している年代を補てんするような採用活動をしているサブコンも多く、30〜40代の採用も決して少なくありません。中には50代の人材でも採用するケースもしばしばみられるほどです。

まさにサブコン業界は、売り手市場になっています。そしてしばらくの間はこの好況が続くだろうとみられています。ですからもし今の年収に不満で転職を検討しているのなら、転職しどきと言って良いでしょう。思い切った年収アップも十分狙えます。中には今までよりも1.5倍の収入を確保できたといった話も聞かれるほどです。このような大幅な収入アップは、大手のサブコンでないと難しいと思う人もきっといるはずです。しかし中小のサブコンの中でも人材を確保するために、大幅な年収アップを提示するケースも決して少なくありません。

サブコンを含め建設業界を見てみると、創業100年超えの企業もいくつかあるほどで、日本の数ある業界の中でも老舗といえます。このため各種手当をはじめとして、福利厚生のしっかりとしているサブコンは多いです。施工管理の場合、現場があれば土曜日なども出てきて仕事をしないといけなくて、ハードな職場になります。しかしきちんとしたサブコンであれば、現場が終われば1週間くらいのまとまった休日をくれるところも多いです。サブコンは安心して働ける職場、自分を高く売れる業界として、注目を集めています。

サブコンの採用基準は?

サブコンの採用基準を見てみると、実務経験を持っている人の方が採用される可能性は高い傾向が見られます。たとえば、施工管理職の募集が出ていることもありますが、建設会社における施工管理経験を持っている人を歓迎する案件が多いです。また電気設備や空調衛生設備の業務の場合であれば、電気設備や空調衛生設備といった実務経験を持っている人の方が有利に採用試験は実施されます。同じ業界で実務経験を持っている人の方が好ましいですが、業界不問で経験を持っている人を歓迎する求人もたびたび見られます。

このようにしてみてみると、建築関係の経験を持っていないとサブコンには就職できないと思っている人も出てくるはずです。しかしサブコンの中には、営業スタッフを募集する求人を積極的に出している業者も見られます。少し前まではサブコンは特定のゼネコンと懇意にして、そこから仕事をもらう方式が主流でした。しかし長く続く不景気の影響で、サブコンもゼネコンにとらわれることなく、どんどんいろいろな業者から仕事を受注するスタイルをとっている所も出てきています。仕事をとるためには、営業力を強化する必要があるわけです。法人でも個人でも営業経験を持っていて、サブコンで仕事をしてみたいと思っている人は、営業の求人に応募すれば採用される可能性があります。

このように募集している職種における実務経験をどの程度持っているかは、サブコンの採用基準としてかなり重視されます。プラスして、例えば土木工事のスタッフ募集であれば、土木施工管理技士のような関連資格も取得していると採用される可能性がさらに高まります。

まったく業界における実務経験を持っていない人が転職するのは、やや厳しいと言わざるを得ません。ただしサブコンの中には、学歴や実務経験の有無不問で広く人材を募集している案件もあります。サブコンの中には、会社オリジナルの工法で施工を実施している業者も見られます。このようなオリジナル工法の場合、下手に実務経験があるとそのやり方にこだわって、仕事がはかどらない可能性が出てきます。逆に実務経験のない人の方が、スムーズに会社のやり方を吸収できるとして採用されるケースも見られます。

サブコンの現場には、マイカーなどを使って向かう方式をとるのが普通です。どの業種であっても、普通運転免許は必須になると考えるべきでしょう。免許を取得していない人は採用活動の前に、教習所に通う必要があります。

TOP

サブコンの転職の基礎

条件別のサブコンの求人

人気のサブコンの採用情報


Copyright (C) 2015-2018 サブコン向け求人サイトランキング All Rights Reserved.